FC2ブログ

ギア


激しくお久しぶりでうs!!
っていうか、いつものことか。。。

現在四角原稿で大忙しですyoー!
お陰で何もできやしねぇ!!
否、前もって余裕持ってすればいいんですが…尻に火がつかないと必死にならないタイプなので。。。
こうやって「あー」とか言いながらやるんですよねー

とりあえず、現在の抜擢
ガラヘビです
maru.jpg

さらに抜擢
maru1.jpg
こんな感じです

トーンとか色付けが激しくめんどくさくなってます(マテ)
最後の方、色なしで白黒でやっちゃうかもしれない不安がひしひしと。。。

でもまぁ、戦闘シーンに入ると筆が進みますね
どんだけ殴るの好きなんだ私。。という感じですが…
合間を縫って新年イラとか年賀イラとかちょこちょこやりたいと思いますー


ってわけで、これから大掃除手伝いに。。
あ、まだ飯食ってなかったなー。。。



Web拍手有難うございましたー!
原稿が落ち着いたら手付かずの魔女やりますー(必死)

スポンサーサイト

女神キックについてSS

抑えきれなかった自分がいました。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




自分の部屋で今後について考えていると

「おにーたま、遊んで~!」

ムームーと一緒にあくり~んがドアから顔を覗かせた。



<女神キック>



「あくり~ん。ムームー。ファラと一緒じゃなかったのか?」
「おねーたま、ちょっと忙しいからおにーたまに遊んでもらっててーって」
「ムームムームー」
「一緒にあそぼ!おにーたま!」
「ムームー!」

笑顔満面の一人と一匹の誘いを断る理由もなく、ディランもつられて笑顔になりながら頷いた。

「ああ、一緒に遊ぼう。あくり~ん、ムームー!」
「わ~い!」
「ムー!」

天気が良かったので三人は城に庭に出てた。
ふわりと体を流れる風が心地よく、甘い花々の匂いを運んでくる。
あくり~んとムームーは庭中を駆け巡っている。ディランは目を細めながら眺めていると、二人が駆け寄ってくる。

「おにーたま!何して遊ぶー?」
「ムームー?」
「そうだな…何して遊ぼうか…?かくれんぼ?鬼ごっこ?」
「えーっとねー、あたち、鬼ごっこやかくれんぼはいつもやってるから、あたち飽きちゃってるの」
「ムームー」

あくり~んとムームーはお互い顔を見合わせて「ねー」「ムー」と声をそろえた。
ディランは「ふーん」と軽く声を出して考え込む。
三人でできる遊び…思い当たる節がないわけではない。
遊んだ記憶は山のようにある。

するとあくり~んは片手をあげて

「おにーたま!おにーたまは昔どんな事をして遊んだの?」
「昔…かぁ。俺はファラとムームーとガーリットと遊んでたからなぁ…あの頃で一番やってたのは…」

するとムームーが何かを思い出したように目がキランと光り、その場をぐるぐると回りだした。

「お?ムームーはあれをやりたいんだな!」
「ムッムムー!」

その通りと言わんばかりに声を出すムームー。意味がわからないとあくり~んは頬を膨らませながらディランに詰め寄った。

「なぁにー?あたちにも教えてよー!」
「ああ、ごめんごめん。ムームーが言ってるのはグルグルンをやろう!って言ってるんだよ」
「ムームー♪」
「ぐるぐるん?」
「そう。昔、空を飛びたくってガーリットに沢山やってもらったっけ…。じゃぁ、ムームー。やろっか」
「ムー!」

ディランの合図と共に、ムームーは彼の胸に飛び込んでいく。ディランはムームーの胴体を持ち、その場を軸にぐるぐると回転し始めた。
軽く勢いがついたところで、着地がしやすい場所へとムームーを放り投げた。
ムームーはくるんくるんと回転して見事に着地。

どうだ!と言わんばかりに「ムー!」と得意げに声をあげた。

あくり~んが目を見開いて「おー」と声を上げる。

「これがグルグルンだよ」
「楽しそー!おにーたま!あたちもやってー!」
「よし!」

今度はあくり~んをぶん回して放り投げるディラン。
弱めに投げているので、もともと空に浮かぶあくり~んには余裕の着地だった。

「おにーたま!なんか面白いよー!もっかいやってー!」
「ムームムー!」

二人にせがまれて、ディランは何度も放り投げた。
ちょっと疲れがたまってきたころ、あくり~んが挙手する。

「今度はあたちがおにーたまを投げてあげるね!」
「え?」

ディランがきょとんとしていると、あくり~んは彼の手を取って…




そんな三人のやりとりを最初から眺めていた人影がいた。

「……空を飛びたいってディランも可愛いこと言ってたんだなー。なぁ、姐御」
「そうだねぇ。やり方はともかく、楽しそうじゃないか」

ファングとルーガがニコッと笑う後ろで、ガーリットが多少バツが悪そうに目を瞑ってた。

「ガーリット、あんたも面白い方法考えるねぇ。確かに投げ飛ばせば一瞬ぐらいは空を飛べる」
「お前も案外、荒いことすんだな♪」
「ディランが昔は嫌いだって言ってたけど、何気に喜ぶ事してんじゃないか」

ガーリットは何もしゃべらなかった。

それもそのはず、あのグルグルンは嫌いなディランを遠慮なく力いっぱい投げ飛ばすための手段でしかなかった。
遊びと称して、ディランを乱暴に扱える一つの手であったし、そのお陰でディランの身体能力も上がったし、ガーリットの力も体力も上がった。
空が飛べるから好きと聞いたときに、なんとなく後ろめたくなって徐々にしなくなったが…

「…な!なんだいあの子!」
「…って!おいおい!何だあのスピード!ありゃあぶねぇぞ!」

ルーガとファングが慌てた声をあげたので、ガーリットが視線を庭に戻してみると、あくり~んに勢いよく空に投げ飛ばされるディランの姿があった。
子供に放り投げられたというレベルではない。まるで高い崖から落ちていくようなスピードだ。
その先には木がある。激突すれば大けがは免れない。

「ディラン!」

手前にいたファングよりも素早いスピードで空に飛び出すガーリットだが、距離的に間に合わない!


「うわぁー!」

予想よりも遥かに飛ばされ、目の前に木がある。
ディランが声を出しながらどうしようか迷っていると、後ろからあくり~んが呑気な声をあげた。

「おにーたま!木が邪魔してるー!蹴っちゃえー!」
「なるほど!その手があったか!」

ディランは木を蹴る為に体制を立て直した。
ゲシっと良い音がしてディランは着地する。

「おにーたま!どいてー!」
「うわぁ!?」

後ろからあくり~んが続いていたので、ディランは慌てて避ける。
ゴッ!と木が蹴り倒された。
着地寸前でディランに抱きついたあくり~んは楽しそうに「もー一回やろー!」と大はしゃぎ。
駆け寄ってきたムームーも興奮気味に「ムムムー!ムムー!」と喋りまくっている。
ディランは少し考えて、笑顔で頷いた。

「あくり~ん、凄い力あるんだな、俺吃驚したよ」
「えへへ~。凄いでしょー」
「ちょっと遠くまできちゃったな。戻ろうか。…………って、え?」

そうして城に戻ろうと後ろを振り返ると、なぜか疲れて地面に突っ伏しているファングと、地面に両手足をつけて脱力しているガーリットの姿があった。
ディランとムームーはきょとんとしながら二人を眺める。
やや間を開けて、ディランが不思議そうに聞いた。

「どうしたんだ?二人とも…大丈夫か?」
「ムームー?」

ファングはよろよろと立ちあがりながら苦笑いを浮かべる。

「…よぉ…。悪いことはいわねぇから…。もうちょっと、見ていて安全な遊びをしてくれ、な?」
「あ、ああ…?」

やっぱり事情が呑み込めていないディランは空返事を返すと、ガーリットがゆっくり立ち上がって怒りの表情をあらわにした。
その雰囲気に、ディランは思わずあくり~んを強く抱きしめる。

「ガ、ガーリット…?」
「……………」

ガーリットは無言のまま踵を返し、城の方へ向って歩き始めた。

「ガーリット?あの…」

呼びかけるとその分、早足になる。
ものすごく怒られた気になったディランは、あくり~んを下して慌ててガーリットの後を追った。

「ガーリット、ちょっと…待てって!」
「………」
「なぁ、何を怒ってるんだ?」
「怒ってない」
「怒ってるじゃないか!待てって」
「…………」

その場にぽつーんと残された三人は去っていく二人を黙って見ていたが、頬をぷぅっと膨らませつつ、あくり~んが口を開いた。

「つまんなーい!もっと遊びたかったのにー」
「ははは…。結構肝を冷やしたんだろうなぁ~」
「またおにーたまに投げてもらったり、あたちも投げたかったのにー」
「いや、それはもうやめとけ?な?」
「えー!」

よほどディランを投げたのが面白かったのか、あくり~んは不服そうに声を上げる。
するとムームーが何かに気づいてあくり~んに話しかけた。

「ムムムーム?」
「あ。そっか!そーだよね!おにーたまと協力して敵を倒すのなら、大丈夫だよね!」
「ムー!」
「じゃぁおにーたまに言わなきゃ!おにーたまー!まってー!」
「ムッムムー!」

あくり~んとムームーがディランの後を追いかける。
ファングはガリガリと頭を掻きながら、苦笑いを浮かべた。




End
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



うっかりやってしまいましたorz
女神キックがまるで子供の遊びからヒントを得たように見えたので…こんな感じだと面白いなーwと…
にしても、協力技、妙に荒い技が多いですねwww


全然進まないよ!!


流石師走です。
思う通りに物事進みません。。。
仕事とか、原稿とか、ゲームとか
優先順位を考え中。。。



ってことで、サモンXネタばれ感想!!



のんびりペースで、最果ての村へ行きました。
寂れてますね、ええ
そして村を通り抜けてマナの門へ行こうとしたら、村長が止めに入りました
撲殺したい衝動が……ゴ●ロアのイメージが植え付けられているのと、ヒシヒシ感じます。。。

どうやって通ろうとかと考えているその時に、ウィード登場
村を破壊してました
よし、ナイスタイミングだ!!これで恩を売って通らせてもらえ ←

氷に弱いので呪文でタコ殴りにした後、ウィードはどこかへ飛んで行ってしまいました。
ディランにも「自滅」呼ばわりされてますね。。。
流石ウィード!妙に噛ませ犬っぽいです!! ←

ウィード撃退後、門へ行ってもいいと許可いただきました。
チィ。現金な連中だ ←

マナの門に到着すると、グラナード以下魔人二名が待機してましたが…やっぱり戦うのはウィードでした
勿論、呪文で撲殺したので全然余裕です。
ともあれ、最後に花火として散ってしまったんですが、他の魔人たちが大喜びです
よっぽど嫌われていたんですか?ウィード。
私もそこまで好きでもないですが…なんだかちょっと気になるじゃないですか
っていうか、グラナードの方が魔人より断然強いんですが(イベント)。。。何この人…
ディランが悲鳴あげてましたよ?

それよりも、なんだかグラナードの声のトーンのお陰で、グラナードはディラン皇子にちょっとメロ~ンなイメージを持ち始めてしまったんですが…
ほら、初孫が可愛いっていう感じの…(ひでぇ)
エルの最初の登場の時にも、あまりにも騒がしいから気に入らないと婚約解消の提案したのこの人だし
実はグロッケンもディランに対してはちょっと親ばかなのでは?というイメージがついていたりします
だって、最近貴族になったばかり~とか文句言ってましたが、婚約者を選んだのはアンタだろ?と…
ディランに似合うような相手を選んだのが、エルナディータなんだよね!!!

……ほら!!!!(何が?

石頭じゃなくって、天真爛漫選んでいる辺り、ディランの相手を真剣に考えていた証拠!!(笑)
つーか、エルを選抜した人の顔を見てみたい!!!(笑)

ってわけで、
グラナードはディランにめろ~んww
グロッケンは隠れ親ばか
私にはそう見えます


話はそれましたが、マナの門暴走で、全員倒れている中、ファラだけ元気www
そしてあくり~ん登場
うわぁ…ドットが…ドットが…製作者さんお疲れです。。。目が痛い子だゎ…
ともあれ、アンパ●マンを思い浮かべてしまったフレーズの呪文のお陰で、マナの門正常稼働。

夜会話です

あくり~んでチョイス。
…案外可愛いな。この子…
おねーたまは大好きで、おにーたまは好きか…
うむ。わかりやすくて良い!!!
ディランは子供好きだよなー。絶対子供に囲まれて一緒に遊びそうだ。
よくこんな性格になったなぁ~(過去の回想から考えて)

ディランの性格は絶対に、陛下とファラとガーリットによって更生されているはず
寧ろ、ガーリットの影響は大きそうだな。。うむ。。
怒られて幻想の森に行った後、さらにお説教された相手が陛下とガーリットだって言ってたし
寧ろ、陛下よりもガーリットの説教の方が長そうだ…はるかに長そうだ…(((( ;゚д゚)))アワワワワ
怒らせたら怖い相手が陛下よりもガーリットになってたりwww勿論、ファラもガーリットに次いで怒らせてはいけない相手にインプットされてww
猛烈に子供時代妄想してて悶える自分がいたり。。。もー、お互いツンツン!

めちゃくちゃ脱線。。。

そのあと城に戻ると、会議が開らけるとゆー
ためしにやってたら、先に進まなくなりました。。。
次から次へ議題が出てきて…あわわ…
本編に進めない!!!
受け答え面白すぎる!!真面目にやってないだろ!!

今回の大臣はガーリット、ソフィナ、ルーガです
生真面目、天然ボケ、姐さん。というバランスにしてみました

ムームーの意見はわかりません!!!!勘ですよ!!

湿気の話題で、ファングが「アジトで使っている湿気取り持ってこようか?」という質問に
思わずそんなレベルなのか!?と本気でツッコミいれてしまいました。。。

いかんです。
ちょっと議会休憩して、本編進まないと…

比率的に蚤だよね!!!


原稿進んでると言えば進んでいるような気がしないでもないんですが(どっちだ)
テンプレはもらった方が確実に良いような気がしてきました
解像度とグレはなんとなるけど、一回チェック入れてもらう方が良いだろうなー

遠慮すると向こうの負担が余計に増えるという気がするので…
遠慮すると向こうの負担が減ればいいんだけどねぇ…

…進歩ねぇ私…orz



ってことで、サモンXネタばれごめんね感想でーすww
今朝がたうっかりAM2:30までやっていたら眠れなくなってしまって布団の中でもがいてました。。。
2:00過ぎたら眠れなくなるって知っている癖に。。ああバカだ。。。
これで目が悪くなるんだよなーううう…
乱視が酷いよ




以下、ネタばれ




召喚実験終えて、今度はハインラインに会いに来ました
門への道はハインラインが知っていると!!!
グラナードはどうやって知ったんだというツッコミは勿論しておきました!
登場人物だれもいわんかったのでwww

山を越えて洞窟へ…
謎解きとか、壁とか色々な仕掛けでたどり着くんだろうなーと思っていたんですが

そこらへんに寝てやがりました伝説の神竜め!!!!!

本当にいた!というディランのセリフに脱力しました。。。
ちょ!!もうちょっと凝った場所で寝ようよ!!
思いっきり一番広い空間に寝てるじゃないか!!(当然だ)

それで数百年ぶりに人間が着たとか言ってましたが…
よく見つからなかったなぁ…。伝説を確かめたいという物好きがいなかったのね…

ごめん
私、結構竜系って好きな部類なんですが
キモイよハイライン…怖いよハイライン…なんだろう、なんだろうこの不気味な生物… ←
思いっきり存在自体否定したかったです ←

個人的には娘を溺愛するおじいちゃんwwという女神にすこぶる甘そうな神竜だと思うんですけど…


そんなこんなで、ハインラインと戦闘開始
入れ替わり立ち替わりというか、そうして気づけばベストパーティー
ディラン:攻撃兼回復
ガーリット:攻撃兼補助
ファラ:回復
ムームー:攻撃主体
になっていたり…まぁ、ムームーの位置が時々エルとかルーガになってたりするんですが…

レベル足りないかなー?と思ってたんですが、死亡者なしで勝利
神竜の攻撃卑怯です。腕で全体攻撃って…
一番可哀そうなのはガーリットです。なんだか囮ですね。何度齧られたんだろう彼…
スイカを齧る音がしてました。ガシュンって。。。
遠慮ねぇ神竜!!ちょい噛みとか甘噛みレベルなんだろうけど、良い音させてます!!(何のほめ方だ)


そして即座に背中に乗せられて門へ直行です、マナの出口。。。だったと思います

にしても…ハインラインの背中に乗ったディラン達
まるで蚤だ…思いっきり蚤なイメージが…(滝汗)

そうか、蚤ってこんな気持ちになるかもしれないなー(何が?)

夜会話、ソティナさんと迷ったけど、ガーリットをチョイス


転げました

なんつーかなんつーかなんっつつつつつつつうかかかかかかか!!!!!
友情深めてますねー、ますねっぇぇぇぇwwww

ディランが寝ないので、ハインラインの背中から落ちないように注意しに来たガーリット
ディランのランカスタの民になりたい発言に、ちょっとだけムッと怒った感じのガーリット
ディランの翼が欲しい発言に、ガーリットはよほど嬉しかったのか、去り際に声だして笑ってました。
なんだよもぅっっ!
この萌える会話は!!

しかもしかも

「お前にも翼があったら、一緒に飛べるのにな」

……………ううぐは(吐血)

なんだもうこのツンデレめ!!だんだん甘くなりやがって!!!!
猛烈にネタが浮き上がるのでやめてくれ!!原稿終わるまで我慢しているんだ!!!色々書きたいの!!!


息切れしながら、とりあえず一晩明けました。
ハインラインの頭の上にディランとファラ、そのちょっと後ろにガーリットがいました。
…二人が落ちた時のために待機しているんですよね?

もうそろそろ門に近づくってところで、ウィートが飛んできました。爆弾抱えて…
そのまま自爆して空の藻屑となりやがれ ←

ハインラインの背中で戦闘開始、ハインラインが可哀そうでした。。。。文字通り、逃げ場がなし…
なぜ位置がわかったかとは思いません。でかいから目立ちまくりですよね
昼間飛んでいたら、神話が神話じゃなくなっているところです。おしい…

ウィートに爆弾を落とされ、ハインライン途中で休憩取りました。
たぶん、筋肉痛と虫刺されのような痛みがあるに違いありません!!老体だし!! ←

それにしても、ハインライン、ファラ見て急に不思議なセリフ吐きましたね。。。
まさか女神の生まれ変わりだとか、力を受け継いでいるとか、そーいうネタの伏線じゃないですよね?
宝玉使えるし、おじさんが女神召喚成功しているから、ありがちそっち系に無関係じゃなさそうだし
…まぁ、それは追々わかるとしてー

ウィート戦闘終了後にデュエルナイト……(つ、つづりあってる!?)覚えました!!!
ファラの合体技よりもガーリットが先でした(爆笑)
すんません、思いっきり偏ってまふ。。。

折角なのでついでに新技見ましたが………恥っっっ!!!!
いや、他のブログで技が恥ずかしいとか聞いてましたが、その通りでした。
直視できなかったです、セリフが……ちょ……
画像は。なんか使いまわしみたいな感じでちょっとホッとしました ←
これがセリフに習った構図が出てこられたら本当に直視できないところでした…
口説き文句じゃないですよね?ですよね!?(滝汗)
口説き文句だと言われたも納得しますよ!!!(汗)

恐るべし、純愛テーマ。。。

慣れないと毒だ ←


召喚博士はやっぱり…


はい。
いつものごとく、ゲーム感想ネタばれごめんな日記です。

サモンナイトX



以下ネタばれ含む




帝国の召喚実験阻止のために研究所へ伺いましたー
雪の中を!!!
雪ーーーー!!!

しかも近くの村にはちょうど逃げ出した人物が毒にかまれて瀕死とか
研究所を抜け出すときの攻撃じゃなくて、村の近くのモンスターにやられてしまっているあたり
妙にほのぼのしてしまったのは私だけですよね

気を抜くなーー!研究員その一!!

とかは置いといて
蛇を倒しに雪原を歩きまわ…るまでもなく行ってない場所へ赴いたらばったり出会ったんですが。。。
とりあえず瞬殺しておいて
血清持って帰りました


研究所はエレベーターがあるのに吃驚してました
エレベーターから召喚博士三人兄弟(寧ろ三つ子だろ?)が出てきたのには全く驚かなかったんですが
そうですよね、ロレイラルの技術とか、全然関係ないんですよね。。。
リィンバウムじゃないから。。。
でもでも、こんなにハイテク機材(笑)を設置しているだなんて、恐るべし帝国
足腰弱ってしまえ ←

色以外大差ない召喚博士を撃退して、階段で追いかけるんですが。。。
エレベーターに向かうとディランが「エレベーターは待っていても来ないぞ!階段で行くんだ!」とかまじめな声で言ってしまってるから、おかしくておかしくて。。。(どこかがつぼに…)
大人しく階段で…召喚プレートを乱獲しながら登りました。

いよいよボス!!とか思っていたら
思った以上にイベント長かったです。

グラナードとノイン登場
洗脳ノインはファラ狙いだったみたいで、ファラの召喚魔法でボコボコにしたかったんですが、回復で手いっぱいでした、残念。。。

魔人召喚の際に、召喚博士犠牲に…
ああ、やっぱりかませ犬捨て駒だったんですねー
グラナードと三人の魔人達の口調から古き良き友人だと判断できます。つーことは、グラナードも魔人なんだろうねー
全然驚きもしないけど

せっかく洗脳がとけそうだったノインをラディウスが迎えに来ました。
止めようとしたディランをはじき返してたけど、個人的にはディラン連れ去ってくれると面白いんだけどねー(マテ)
強くなるのを待って美味しくいただくみたいです。
にしても、ラディウス、ディランに会った途端に甘ったるい口調に変化している風に聞こえるのは、ラブですか?(マテ)

そんなこんなで研究所終了。

夜会話です
今回はなんとなーくムームーで(協力技が欲しくて ←)

………。
あの、ディラン…。ムームーがほかの命で存在を安定させているなら、ムームーはスライムの命で安定しているっつーことになるんですが。。。
しかも、その時スライム死んでなくって、ムームーが撃退してたんだけど…
ディラン、そりゃ、ムームー怒るわ。もっと角で突っついていいと思う
ムームーの泣き顔が見れたのは初めてだったけど…

セーブ。

そして、ついうっかり、ガーリットはどうなんだと別スロットで確認したら…
選ぶときに笑顔になりやがった(=言=))))
え!?最初っからガーリットって笑顔だっけ?笑顔じゃなくて無表情だったんじゃ…
心境の変化!?心境の変化なの!?
しかもその会話が…
「お前の責任だと思っていたらうぬぼれだ。」とか「お前のせいじゃない」とか「しっかり寝ろ」とかとかとかぁぁぁ!
ディランへフォロー炸裂!?(*>▽<*)
お礼言われて「お、お礼言われる筋合いはない」とか、どもるし、どもるし、どもるしぃぃ!!!
ツンデレがデレになった瞬間みたぁぁぁ!!
ここはもう、抱きしめてあげてwwwぎゅっとwwぎゅーっとwwww(落ち着け)
照れるのを隠すように去って行ったガーリットだけど、ディランが戻ってくるまでこっそり起きているとかしてそうだww寧ろしてくれww


男同士だから一緒の部屋だよなーとか思ってたら
唐突に一個足りなかったらどうするんだろうと妄想した結果。

ザイツだと「俺が床で寝よう」とか言ってそうだ。ディランが風邪ひいたらいけないから!とザイツをベットで寝るように説得すると「では、ディラン皇子、俺と一緒に寝よう」とか普通に言いそうだww(もちろん深い意味はこの時点ではない ←)

ファングだと「仕方ねぇなぁ。一緒に寝てもいいぜー」とか軽く言いそう。「窮屈だけど、風邪ひくよりゃましだろ?」とか、平然と言いそうだ。普通にディランへのスキンシップ多そうww

ガーリットだと ものすごく嫌そうだけど、ディランが困っていたらため息つきながら、ベットを示して呼びそうだ。「勘違いするなよ、風邪をひかれると今後に影響がでるだろうから仕方なく、だ」ものすごく冷たい言葉だけど、甲斐甲斐しく毛布とか用意して、絶対に風邪ひかせないようにしてそう。。。

…う。。。ものすごく書きたい。。。(のたうち)

もー、最近ねー。ガーリットとディランが会話して笑顔になると本っ当にうれしいんだよねーwww



…うが!
話がだいぶんそれたけど、ムームーとの協力技覚えました!!
声優さんの声がかわいすぎる!!
でも、技は酷い。ムームーをボウリング玉に見たてて、敵に投げ飛ばしているし(滝汗)
「ぐ!」って、「ぐ!」っていうポーズはなんなんだディラン!!!(滝汗)
ムームーもキラン☆って、ちょ!?それでいいのか!?

下の段全体攻撃なので使えそうです

次はファングかザイツの協力技が欲しいところ。。。


背景すっ飛ばし!


何度も思っていることですがー
流石にでかいサイズはなんだか描くのに一苦労です。。。
全体像が見えにくくって、それで等身おかしくなりますさー
普通でもおかしいけど(え?)

とりあえず現在の創作ネタ

四角原稿に必死。。。(笑)

背景がうっすらとしか決まってないので、とりあえず人物だけ先にやってしまおうと書いてますが。。。
ちょっとガラヘビの服装の色に後悔が。。。
最初はSaiでトーンが使えないという事に基づいて、真っ黒で仕上げてるんですが。。。
よく考えたら光の光沢の場所を薄灰色にすれば良かったんだよね。。。。
真っ黒って、どうも筆ペンで書いていた時代を思い出して「ううう、インクが勿体ない…」という感想が生まれて
いかんです
妙に貧乏性が。。。
普通に縦線にすればよかったかもしれないけど…柄っぽくて目立ちそうだし。。。
ほかのキャラは何かで服の柄付けようと思っていたのでそうでもないんですが…
ガラヘビだけはもう、真っ黒に。。。
暗殺者なので明るめじゃ駄目だし、網掛け系とかにすればよかったのかなー。。。
とか思いつつ、今日も真っ黒に塗りつぶしております。。。
ああああ…
舞台は夜なので、夜の描写もなるべく色使わないように注意してみることにします
トーンは使うの苦手なので。。。なるべく塗りつぶしで終わらせたいけど…この場合、黒が多いので逆に白とか柄を多めにしないと、なんかバランス変ですよねー


image_20091209001652.jpg


とりあえず、アナログの丸印にあわせて清書中。。。
重要人物のみ。
女性陣の服装、よく考えるとメンドクサイ服装ですね。。。
これで戦闘突入ですよ、動きまくるんですよ?
鬼かこいつら。。。



Web拍手有難うございましたーw

双子姉



よくほかの子を苛めるつつきまわす出雲ですが
姉の八雲はそこまで絡めません
否、絡めるんだけど。。。どうも、不器用で一生懸命な子を構いたい感じですね

鬼っ子達の構いたい性格としては
出雲=空回りしている子、あまのじゃくな子、寂しそうな子など
八雲=不器用だけど一生懸命な子、頑張っている子、困っている子など
青雲=苦労が表に出ない子、見ていてなんか危なそうな子、躾けしないと世の中渡って行かれない子など

こうやって書くと、青雲が一番面倒見がいいです
伊達に双子を嫌々ながらも世話してる傍にいるからだろうね

それに、八雲は相手の事を考えてしまうので、なかなか思い切った行動ができませんねー
気心しれないと、タイミングが図れないというか。。。
八雲自身も不器用というべきか…オチがないのでコラボしにくいとか(え?)

そんなこんなで、あまりほかのこと一緒に書けない子です
…描こうと思えばかけるけどね(え?


20091204.jpg

落書きは眠気覚ましの一環


最近残業とか多くてかなりうんざり中でーす

ってことで、あまりにも眠かったので人の目を盗んで仕事中にいちゃこら絵


20091203.jpg

久しぶりに描くので細部まで違う葛兄です
しかも出雲が面白がってサンタ帽をかぶせてます
葛サンタです。カタカナに直すととんでもない語弊が生まれますww

消しごむなかったので一発かき。
そのためいろいろおかしいwww
落書きだからww気にしないー

そろそろ某方の赤いマフラーの少年を苛めてみたい衝動が強く芽生えて大変です
抑えよう自分
やりだすと本当に面白がってしまう。。。

いかんです
マイキャラに面白がってつつかれそうな子がいないです
なんかどれもこれも腹黒っぽくって。。。


ともあれ、また不意打ちでよそ様のキャラを描く予定
うむ。だって発作起こるんだもの。。。


Web拍手11/30 有難うございましたーw


プロフィール

森羅 秋

Author:森羅 秋
初めまして森羅秋です
一次創作が趣味のアカウントです。
自分の家庭を持ちながらも出来る範囲で趣味に没頭しております。
絵描きさんや物語描きさんと繋がって楽しく創作語りうちの子大好き語りしたいです。
たまーに、多少毒ありなコメントしているので要注意
好きな物は漫画、アニメ、ゲーム、ホラー等
ジャンルは現代ファンタジー、SF、アクション、ホラー等、わりと幅広いです
グロ系も美味しく食べますモグモグ

プロフィール画像は神楽出雲です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク